アルファードの下取りと買取の違い

みなさんアルファードを売る時、下取りと買取のどちらが高く売れると思いますか?
どうせ売るなら高く買い取ってくれるところで売りたいですよね。

一般的に下取りというのは、新しく車を購入する際に下取りに出しますよね。ディーラーなどでの下取りの際には、各会社の基準やマニュアルに沿って査定されています。また、新しく購入する車との値引き額も考慮して計算しているので、実際にいくらで下取りされたのか不鮮明になることが多いです。

買取業者などでの査定の場合は、常に変動するオークション価格を参考にして相場を決定しています。そのため、買取額が高い時もあれば安い時もあります。
さらに買取業者というのは色々な店舗や業者が存在しています。カーチスやアップルなどはテレビなどのCMでも流れていますので、ご存じの方も多いでしょう。これらの車買取業者は、専門に買取を扱っていますので、非常に高値で買取を行っています。それぞれの店舗ごとに販売ルートやお客さんがたくさんいますので、その分だけ高く買取できるのです。

一番アルファードを高く売る方法は、アルファードを欲しがっている人を直接見つけて売ることです。要は個人売買です。基本的にアルファードだけでなく車を売却する場合は、間に入る業者が多いほど査定金額が安くなります。そのため、直接売却することができれば、売る方は高く売却することができますし、買う方も店舗で購入するより安くなって、お互いにメリットがあるのです。
しかし、実際には知人や友人以外で欲しがっている人を見つけるのは難しいです。そのために、下取りではなく買取業者に査定してもらうのです。
買取業者では専門に扱っている店舗も多数ありますので、アルファードを欲しいというお客さんもいるでしょう。直接個人売買するよりは多少安くなってはしまいますが、それでもディーラーなどの下取りよりは高く買い取ってくれます。また、買取業者によっても若干の差はありますので、一括査定のサービスを利用して、少しでも高く買い取ってくれる業者を見つけましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2012年12月9日

このページの先頭へ